細胞を活性化させて免疫力を高める|生活習慣から見直そう

女の人

ホルモンと東洋医学

複数の生薬

東洋と西洋医学の組合せ

中高年女性の多くが迎えるものとして、ホルモンバランスが大きく変化する更年期があります。更年期には女性ホルモンの分泌が乱れ、心身に様々な症状が出るため、薬や漢方による早期の治療が必要ということに注意しましょう。治療に際しては薬物治療が中心になりますが、ホルモンの分泌に関わる薬品は副作用が出ることがよくあります。一般的な薬品で副作用が強く出た場合、漢方薬が出されます。漢方薬は副作用が比較的少なく、身体に馴染みやすい一方、効果がゆっくり現れるという特徴があります。更年期では急激な心身の症状と、慢性的な不調を整える必要があるため、医師と相談しながら薬品と漢方薬を組み合わせるという選択肢も考慮に入れることが大切です。

東洋医学による治療の特徴

東洋医学である漢方で更年期を乗り越える際には、生活習慣の改善が求められるという特徴があります。薬物治療でも生活習慣の改善が必要となりますが、漢方は身体の潜在的な回復力を徐々に引き出すため、より日常生活に注意する必要があります。日常生活の改善では、まず食生活を整えることが目指されます。食事は心身の状態はもちろんのこと、ホルモンの分泌に大きな影響を与えます。栄養の偏った食事のバランスを整えることは、ホルモンが乱れる更年期の症状を直接改善すると言えます。次に求められるのが、睡眠の管理です。漢方を用いる東洋医学では睡眠の研究が進んでおり、眠りが治療に直結すると考えられています。睡眠時間を記録したり、就寝に関する相談を医師とすることが必要です。