細胞を活性化させて免疫力を高める|生活習慣から見直そう

男性と女性

優秀な善玉菌

ドラッグ

生きたまま腸に届き、腸内環境を整えてくれる乳酸菌は、非常に優れた菌です。乳酸菌は、気軽に摂取することができるというメリットがあります。ヨーグルトやサプリメントを利用して、正しく乳酸菌を摂取しましょう。

Read

健康な生活の為に

笑顔の女性

免疫力は、健康に過ごすために病気から体を守る防衛機能です。それが毎日の不規則な生活や運動不足により衰えることがあります。免疫力を高めることは、どのような生活が望ましいのか検証しましょう。一つは十分な睡眠です。自律神経は免疫力をコントロールしますが、睡眠を取ることでバランスが保たれています。適度な運動も免疫力の向上に役に立つでしょう。また、ストレスは自律神経を乱して免疫力の働きを阻害する方向に働くので、ストレスを軽減させる、自分に合った方法も見つけておくと良いでしょう。生活習慣の見直しと共に取り組みたいのが、食生活の改善です。免疫力を高める食品を毎日の食事にバランスよく取り入れることで、健康な毎日が期待出来るようになります。健康的な日常は、バランスの取れた健康的な食生活が基本です。

免疫力を高めるには、免疫細胞の活性化が必要です。その免疫細胞は7割程度が腸内に存在するという研究結果があります。そのため、腸内環境を良好に保つ食材やレシピを食卓に取り入れるようにしましょう。腸内環境を整えるには、所謂善玉菌が必要です。代表格は乳酸菌になります。乳酸菌はヨーグルトに多く含まれていますが、時間経過とともに排出されるため毎日の習慣にすると良いでしょう。ヨーグルトが苦手な方には、発酵食品であるキムチにも乳酸菌が含まれますので利用すると良いでしょう。それ以外に、納豆に含まれる納豆菌にも善玉菌を増やす作用があります。他にも免疫力を高める方法として、抗酸化作用のある食材を摂取することが挙げられます。体にダメージを与える活性酸素の働きを抑えるために、ビタミンAやC、Eなどを多く含む緑黄色野菜や果物、ナッツ類などを摂るようにしましょう。なお、体温を上げることによって血流が良くなり、結果的に体内に侵入した細菌を白血球で撃退することが容易になります。体を温める食品には生姜やニンニク、ニラなどがあります。今まで挙げた食品をバランスよく取り入れることで、免疫力を高めることが出来るのです。

体を中から温めよう

マグカップ

冷え症の方には生姜がおすすめです。体を温める血流改善効果や解熱効果などが期待出来ます。ただし体を温めてくれる成分は乾燥・加熱した生姜です。加熱調理したものや粉末生姜、サプリなどを目的に合わせて上手に使ってみて下さい。

Read

ホルモンと東洋医学

複数の生薬

更年期では薬品の副作用が強い場合、漢方による治療が選択されます。漢方と西洋薬を組み合わせるという選択肢もあるため、医師にきちんと相談することが大切です。更年期への漢方の処方では、食生活と睡眠の改善も同時に求められます。

Read